矯正治療の質問集の解説

ホーム>矯正治療の質問集

矯正治療の質問集

医院情報の関連キーワード
矯正治療矯正治療の流れ成人矯正小児矯正矯正装置治療費歯が動く仕組み差し歯との違い

矯正治療質問集

矯正歯科についての一般的な質問

  • 虫歯を治してから矯正歯科に行った方がよいですか?
    • 矯正治療をこれから行う患者さんの場合、抜歯をして治療を行う方がいます。もし、虫歯の歯が矯正治療を行う上で抜くことになった場合、治してしまうとその虫歯を治す費用、時間が無駄になってしまいます。まず矯正歯科を受診することをお勧めします。虫歯治療も矯正計画の一環!お口の中をそれぞれの先生がそれぞれ独自の考えで治療をしてしまうと、お口のトータルバランスが崩れがちになります。まず、矯正歯科に来院していただき、矯正治療を行う上で必要な処置を一般歯科の先生に矯正歯科医院からお願いすることが良いと思います。オーケストラの指揮者の役割を矯正歯科の先生が担い、様々な先生に参加してもらい、ハーモニーを作り出すことが大切です。差し歯(クラウン)やブリッジがあっても矯正装置で歯を動かすことは可能です。
  • 矯正治療は痛いと聞いたのですが…
    • 装置をつけた当日から2,3日は、歯がうずいたり、噛むときに鈍い痛みを感じることがあります。この症状は歯が動き始めたときに起こる症状なので、個人差はありますが2,3日で痛みや違和感はおさまります。
  • 矯正治療は誰でもできますか?
    • 歯周病の方や虫歯が放置されている方は矯正治療ができません。
      矯正治療の前に歯周病や虫歯の治療を先に行う必要があります。
      それ以外であれば基本的にどなたでも治療を受けることができます
  • 親知らずは抜いてから矯正歯科医院へ行くべきですか?
    • そんなことはありません。まずは矯正歯科医院で検査をお受け下さい。 抜歯の必要性を含めて診断いたします。

矯正歯科の装置について

  • 装置が外れてしまったらどうすればいいですか?
    • 夜寝ているときや、食事中にブラケット(矯正装置)が外れてしまうことがあります。外れてしまったときは、すぐにクリニックまでご連絡下さい。ご来院の時には、外れたブラケットをティッシュやハンカチにくるんでお持ち下さい。
  • 矯正中に虫歯ができたらどうなりますか?
    • 矯正の途中でも装置を外して虫歯の治療をしなければなりません。丁寧な歯磨きで、虫歯にならないように注意しましょう。
      当院では、調整の度に歯科衛生士による専門的なクリーニングを行っております。
  • 矯正用のインプラントを入れる時に痛みや腫れはありますか?
    • 埋め込む本数等によって個人差はありますが、矯正用のインプラントはとても小さいので歯を抜いた時よりも痛みが少ないケースがほとんどです。
      患者さんによってはほとんど腫れない方もおり、腫れる方でも数日でおさまります。
  • 矯正用インプラントを骨に埋め込むことで副作用はありませんか?
    • 矯正用インプラントで使われる金属はチタンでできています。チタンは身体との親和性が高く、金属アレルギーを起こしません。骨折した時等、整形外科でもよく使われる金属です。

矯正歯科の治療開始時期・治療期間

  • 大人になってからでも大丈夫ですか?
    • 年齢的な問題・制限はありません。大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。
  • 治療期間はどのくらいですか?
    • ご症状や装置などによって、治療期間には個人差がありますが、歯を抜かなければ1年半くらい、歯を抜いた場合は2年程度です。装置がとれた後は保定装置(リテーナー)を2年ほど装着します。
  • 通院はどのくらいの間隔ですか?
    • お口の状態によって個人差はありますが、およそ3~4週間に一度の通院頻度になります。装置がとれた後は、経過観察のため数ヶ月に1回お越しいただいております。

費用・お支払いについて

  • 矯正歯科の治療料金はどのくらいかかりますか?
    • 症状によって、また治療内容によって料金は異なります。 当院では料金メニューを明確にしておりますので、お気軽におたずねください。治療費用や、お支払方法などについてはご相談ください。
  • 矯正治療に保険は適用されますか?
    • 基本的には矯正治療は保険が適用されません。外科的矯正が必要と診断された顎変形症や口蓋裂・口唇裂の場合は保険が適用となります
  • 治療費の分割払いやローンは可能ですか?
    • 可能です。当院では、30回まで無利子の多分割支払いに対応しております。
  • 治療期間が延長された場合、追加料金を請求されますか?
    • 患者様によっては診断時に設定した治療期間より多少延長する場合がございますが、それによって基本料金が上がることはございません。

治療中の日常生活について

  • 食事や会話に支障はありますか?
    • 装着したばかりの頃は気になるかもしれませんが、すぐに慣れて普通にしゃべったり食べたりできるようになります。心配はいりません。
  • 矯正歯科の治療中食生活で気をつけることはありますか?
    • 食べ物によっては、矯正装置につけるゴムに着色してしまいます。カレーやトマトソースのパスタなどは、控えた方が無難です。
      それ以外の食べ物でも、 食べた直後に必ずハミガキをすることで、ゴムの変色を抑えることが出来ます。

保定装置について

  • 保定装置はどのくらいつける必要がありますか?
    • 装置がとれた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで2年くらい保定装置を装着します。当院では2~6ヶ月に一度、経過観察を行います。
      Q&A
      保定装置(リテーナー)写真

医院情報の関連キーワード
矯正治療矯正治療の流れ成人矯正小児矯正矯正装置治療費歯が動く仕組み差し歯との違い

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional