矯正治療の解説

ホーム>矯正治療

矯正治療

医院情報の関連キーワード
矯正治療の流れ成人矯正小児矯正矯正装置治療費歯が動く仕組み差し歯との違い矯正治療の質問集

矯正治療ってなに?

ゆっくり歯を動かして歯並びを改善する矯正治療

歯並びの治療というと、矯正歯科で歯にブラケットとワイヤーをつけて、2~3年かけて歯を動かす歯列矯正を思い浮かべる方が多いかもしれません。矯正歯科の治療は大きく分けて二つに分かれます。

  • 子どもの矯正
  • 大人の矯正

子どもの矯正(小児矯正

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える
[check]1期治療(骨格矯正)
と永久歯が生えそろってから歯の位置を整える
[check]2期治療(歯列矯正)
の2段階からなります。治療に必要な矯正装置や治療法は、歯並びや年齢などによって異なります。
1期治療は永久歯が生えそろう6歳~10歳くらいまでに行うことが良いといわれています。お子様の歯並びで気になる点があれば、早めに矯正歯科医院に相談しましょう。

大人の矯正(成人矯正/2期治療)

矯正装置の例永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。
従来よりも装置が小さくなって歯を効率的に動かしやすくなった表側矯正や、歯の裏側に装置をつける舌側矯正裏側矯正)、取り外しのできる透明なマウスピース矯正などがあります。
子どもの矯正と違って、顎の骨格を矯正することはできないので、歯並びによっては、抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあります。

外科矯正(成人矯正

顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い方は、顎の骨を手術して顎のバランスを改善することが必要な場合があります。このように、外科手術と矯正装置による歯列矯正を組み合わせて治療することを外科矯正といいます。
骨格が原因でおこる下顎前突症(受け口)や上顎前突症(出っ歯)など「顎変形症」と診断された方は、一定の条件はありますが、健康保険を適応して治療することができます。

医院情報の関連キーワード
矯正治療の流れ成人矯正小児矯正矯正装置治療費歯が動く仕組み差し歯との違い矯正治療の質問集

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional